やっぱりお尻でしょう。
綾坂みつねの現状報告。
homelink • category: 全て PixivTwitter
  あ、3月末だ。 2013年03月31日(Sun) none
 なんというか、ツィッターを始めてそっちを見てたり、別名で毎日投資のブログ書いてたりすると、うっかりこっち書かないまま過ぎてます。人間書く意欲と割ける時間には限りがあったりして。あっちもこっちもやってるとどこかにしわ寄せが(汗)。一日中家の中にいる人間の書く内容なんてそうそうないので、一箇所で書いたらそのネタはもう書く意欲がなくなるあたり。

 あ、でも4月からの先行放送分でみた彗星のガルガンィアはなんか面白そうでした。4月の新番も数があるので、面白いのがあるといいなあ。

 1月からやっていた番組は、今続々と終わっていってますが、見てた中では「俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる」「たまこまーけっと」このあたりが好きでした。たまこは途中のみどりがもち蔵に意地悪する話が嫌いでしたが、そのほかは面白かったです。デラが本当にいいキャラクターだった。「まおゆう」は好きなんですが、あらすじアニメになってしまってる感が強いので残念すぎました。なんかものすごく中途半端に終わった感がぬぐいきれません。スタッフはいいのに。同じ内容をせめて16話くらいかけてやると印象が違うと思います。できれば2クール。なんか、吹き飛ばして話し進めてるせいで勇者が無能になってしまってみえます。1クールで終わらせるんだったら、途中に総集編なんか入れていいはずないし。制作が押しまくってたんですね、きっと。

 去年の秋からやっていて終わっていくアニメの方が見てたの多かったですかね。「JOJO」「MAGI]「ガールズ&パンツァー」「絶縁のテンペスト」「PSYCHO−PASS]「新世界より」あと「イクシオンサーガ」。このあたりを楽しみに見ていました。
 ガルパンはスケジュールが押して終わりの2話だけ3月に放映したものでしたが、期待を裏切らないすばらしい終わり方を見せてくれました。イクシオンサーガは冒頭のエレクがタマを失っていく辺りが強烈でした。JOJOは原作のたるい部分をうまくスキップしてシリーズ構成と演出のうまさを見せ付けてくれた作品です。絶縁はよくもまあ、あそこまできれいなエンディングが作れるものだと感心しました。新世界は途中で絵が気持ち悪い回がありましたが、我慢して見続けてよかった。面白かったとおもいます。

 こうして見てたのを自分で評価すると、上位に上がってくる萌えアニメと言えるのは俺修羅くらい?あれは、面白かったです。後で小説買うかも。2期に続けられる含みが残っているので、楽しみです。

 ああ、番外で小説先に読んでたので見てみたドラマ「ビブリア古書堂の事件手帳」ありゃあ、怒りを覚えるクラスで酷かったですね。設定改竄、ミスキャスト。イメージぶち壊し。それでも面白くなってれば表現媒体が違うんだからそういうこともあるかもね、と思うこともできるんですが、だめにしてるからなあ。原作と原作読者をなめるな!と言いたい。「信長のシェフ」ははじめ馬鹿にしてみてましたが(失礼!)面白かった。ああゆうのはありだと思います。
 
 次書くときは絵が載せられるといいなあ。コミックダンガンでやる関係の。


LOG 200610 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 03 04 05 06 08 09 11 12 
201001 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
201101 02 03 04 05 06 07 08 12 
201201 02 03 04 07 08 11 12 
201302 03 06 08 12 
201401 04 08 12 
201508 
201610